スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dプリントで指輪の作成

巷で何かと話題の3Dプリントですが、つい最近自分もやる機会がありました。
というかモデリングだけですけど。
Cheetah3Dのユーザーでマット・ソーンさんという方から依頼をいただいて、トゥリング(足の指輪)のモデルを作成しました。
ちなみにマットさんは京都精華大学マンガ学部の先生で、かつ光刃工房というブランドでライトセーバーを作っている人。超特急の依頼だったんですが、興味深かったのでお引き受けしました。

デザインの要望を聞いてラフスケッチを描き、Cheetah3Dでベースのモデルを作ってZBrushへ持ち込み、ディテールを作りました。
出力するデータは3Dプリントでは一般的であるらしいSTL形式というヤツで、扱ったことがありません。でもデータの作り方は、タイミング良くCGWorld誌2月号に掲載されていた折田さんの記事がモロに参考になりました。
(ちなみにCheetah3DでもSTLファイルの入出力は可能のようです)
turing01


マットさんはShapewaysというところの3Dプリントサービスをよく活用しているそうで、今回もここを使ったそうです。
こちらからデータをお渡しして、Shapewaysにデータをアップロードし、3週間ほどで品物が届いたようです。
デザインも仕上がりも気に入ってくれたようで何よりでした。
turing02

3Dプリント出力にいくら費用がかかったのか等は聞いていないけど、どうだったのかな。
指輪というからには金属で出力できるって事なんですよね、きっと。
やっぱり3Dのモデルを作る人間からしたら夢が広がることではありますね。
そのうち自分でもやってみたいです。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ima

Author:ima
http://www.imatake.com/
http://www.behance.net/imatake

twitter
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。