スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信号機と電線

無機的なものを色々作っていて、ようやくCheetah3Dにおけるスプラインの扱い方がわかってきた感じ。Illustratorのベジェ曲線に慣れてしまっていると少しやりにくいかも。
スプラインを描き始めるときにポイントモードにしておかないと、描いたポイントが画面上に描画されないっていうのがまずとっかかりとしての分かりにくいところだという気がする。
スプラインは始点が黄色で終点が赤。
スプラインを編集する場合もまずポイントモードにしておく。
ポイントを選択する時には移動変形ツールのフリーモードのチェックを外しておかないといけない。
でも「ポイントを挿入」する時に、どこにポイントが挿入されるのかがよく分からないなー。

「パス押し出し」クリエータで、「円」スプラインとスプラインツールで描いたスプラインを組み合わせ、曲がったパイプやコードを作成。慣れるとすごく簡単。
signal

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ima

Author:ima
http://www.imatake.com/
http://www.behance.net/imatake

twitter
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。