スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cheetah3Dで作ろう'09春~夏 その11

ZBrush3.12Bを使ってDisplacementMapを作成する時の覚え書き。
久々なのでやり方あんまり憶えてない。

・objファイルをZBrushにインポート
・オブジェクトをスカルプトする前にToolパレットのMorph Targetを開いてStoreMTをクリック。
・Divide & Sculpt
・スカルプトが終わったらGeometryをSDiv 1に戻して、Morph TargetをSwitch。
・同じくToolパレットのDisplacement Mapを開いて、Flip Vをチェック。(Adaptiveはチェックするべからず? DPSubPixはいじっても違いがよく分からない。)
・そしてCreate And Export Mapをクリック。

Cheetah3DでDisplacement Mapを適用する場合は
・Displacement Mid Value が0でポジティブを、Displacement Mid Value が1でネガティブのマップを出力することによって一つのオブジェクトに対して二つの〔ポジとネガ)ディスプレイスメントを適用する。
・ZBrushからエクスポートされたマップは16bit画像なので、これを8bitに変換しておく必要がある。
・ネガティブのマップはPhotoshopで開いて「階調の反転」をして保存し直し、Cheetah3Dのディスプレイスメントモデファイアでオフセット量をマイナスに設定する。

…多分これであってると思うけど。
Mac版ZBrush3はDisplacement Exporterプラグインが使えないようなので、Win版においてはこの限りではありません。
girl_a11

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ima

Author:ima
http://www.imatake.com/
http://www.behance.net/imatake

twitter
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。