スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャルの制作6

Poserに持ち込んでディスプレイスメントやら何やらを設定。
試しにPOSER Figure Stidioという本に添って、肌とシャツのマテリアルをいじってみる。
左は普通に拡散色/鏡面色にイメージマップを設定したもの。鏡面値を抑えただけ。
右は代替拡散/代替鏡面にそれぞれ「皮膚」「ベルベット」を設定してみた。
ライトの設定は同じ。
柔らかい質感が表現できる。まだ全然思い通りには設定できないけど面白い…。
catch06

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ima

Author:ima
http://www.imatake.com/
http://www.behance.net/imatake

twitter
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。