スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cheetah3Dで作ろう'06秋 その2

作り進めてから機体のプロポーションが気に入らなくなってきたのでまたやり直し。
鉛筆でラフスケッチを描いて、それをCheetah3Dの背景に取り込んで作業しようと思ったんだけど、そういう機能はないみたい(多分)。でもHelpを見たらIllustratorのデータを取り込めるらしいことがわかったのでやってみる。
まずIllustratorでラフスケッチ(鉛筆画をPhotoshopで取り込み)を配置。ペンを使い、ベジェ曲線で機体のシルエットを描く。一旦保存したら、「別名で保存」を選んでSVG形式で保存。
cheecon3b1

Cheetah3DでSVG形式のファイルを開くと、SVG PathsというファイルがObject blowserに現れる。そのファイルの中にIllustratorで作ったpathが入っている。(この時Illustratorでベジェ曲線を使わず、直線だけで描いたパスは何故か取り込めなかった。)
CreatorからLatheを選びrotation axisをXにして、Object blowser上でpathをLatheにドロップするとボディの出来上がり。
pathのProperties>apporoximation angle(←意味不明)とLatheのProperties>sectionsで分割数を調整して、Latheをダブルクリックすると編集可能なポリゴンオブジェクトになる。
cheecon3b2

なるほど!

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは、いつも拝見してます。

どうもです。
ほんと SVG 形式だと直線パスは読み込まれませんね、バグかも。PDF 形式だと大丈夫みたいです。スクリプト使うと、AI 形式のままレイヤーごとに別オブジェクトで読み込んだりも出来ますよ。

スケッチとか、写真とかをガイドにモデリングする場合、Blueprint を使うと良いかもしれません。6面にそれぞれ画像を貼付けれます。
手軽には、カメラの背景にしちゃうとか。

approximation angle は、ちょっと良い訳が分らないんですが、最小分割角度の設定になります。例えば、Circle スプラインの、approximation angle を 90 度に設定すると、4角になります。

ではまた。作品楽しみにしてます。

こちらこそよく拝見してます。

コメントありがとうございます。

Blueprint!?
これこそやりたかったことですよ!全く気付きませんでした…。さっそく試してみます!

スクリプトっていうのも使えればかなり便利そうですね。難しそうなので自分は手を出してないんですが…。
また気付いたことがありましたらバンバン言ってやってください。

イラストレータのラインから押し出し。

はじめまして。ハンドブックベーシック版を買いました。何回も挫折した自分が嘘のように最後まで出来ました。素晴らしいです。さて、いま習った事を利用してキャド的に使おうと思い。イラストレーターにて正確なラインをSVG形式で書出しましたが、押し出しまでは良かったのですが、角にベベルを付けようと思いリング選択やループ選択を使っても思ったようにエッジのラインが選択出来ません。私設定が悪いのでしょうか?

Re: イラストレータのラインから押し出し。

ありがとうございます。「何度も挫折したのが嘘のように」と言われると最高に嬉しいです。自分もそういう立場だったし、そういう人に向けて書いたつもりだったので。

スプラインの押し出しの件ですが、
Cheetah3Dの押し出しクリエータを使ってスプラインを立体化し、これをダブルクリックでポリゴンオブジェクト化した場合には、スプラインで構成されていたポリゴンの平面と、押し出しで構成された部分とが分離した状態になっています。これは一見繋がっているように見えるんですが、このエッジ部分のポイントを一つ選択して移動させてみて下さい。オブジェクトに穴が空くのがわかると思います。このせいでリング選択やループ選択はできませんし、従ってベベルも不可能なんですね。残念ながら今のCheetah3Dではこのような仕様になっています。

押し出しクリエータで立体化したオブジェクトの角にベベルを付けるには、押し出しクリエータをダブルクリックしてポリゴンオブジェクト化→エッジを選択→ポリゴンツールのベベルを適用という流れでなく、押し出しクリエータそのもののプロパティで設定可能です。
押し出しクリエータのプロパティに「ベベル」という設定項目がありますので、そこで「凹面カーブ」「凸面カーブ」などを選択して下さい。また、プロパティの「分割数」やベベルの「半径」なども調節してみて下さい。

参考になりましたでしょうか。また不明な点などあれば質問を投げ掛けてみて下さい。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ima

Author:ima
http://www.imatake.com/
http://www.behance.net/imatake

twitter
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。