スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cheetah3Dで揺らす

Cheetah3Dを使ってすごいキャラクターのセットアップをする人がいます。
Drawniverse
で、この人のデータを参考にキャラクターの髪の毛を揺らすテストをしているところ。
一応出来たんだけど、何故出来ているのか、よく分からないんですけど…。

髪の毛にルートジョイントを仕込んで、そのジョイントにパレントコンストレインを設定。
ターゲットとして髪の毛の後ろに配置した楕円形のスプラインを割り当て。
そのスプラインにもパレントコンストレインを設定して、ターゲットとして髪の毛ジョイントの親ジョイントを割り当てた。
これで一番上の階層のジョイントを動かすと、髪の毛が少し遅れて付いてくるようになる。
なんでだ?



揺れ具合のコントロールが出来ないかな。
でもこれが使えるならもっと色々応用できるかも知れない。
とりあえず胸は揺らす予定はないけど。
スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3Dでアイコン

ふと思い立ってCheetah3Dのレンダリング画像からアイコンを作ってみた。
Cheetah3Dのカメラの設定で、背景色を不透明度0%にしてレンダリング。画像をPNGで保存。
プレビューappで開いてコピーして、アイコンを変更したいファイルやフォルダの「情報を見る」にペースト。
最低限これだけ。簡単。
今回はTillyTillaというフリーソフトを使ってみた。
robot_icons
ダウンロード

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3D 5.7 リリース!

Cheetah3D 5.7がリリースされました。
環境設定が変わったのが一番大きいですね。
インターフェイスのカラーが変更できたり、スクリプトをホットキーで呼び出せるようになったり。

とりあえず3Dビュー背景(上)だけ黒くしてみた。
これだけでも雰囲気変わるね。
cheetah3d57
久々にキャラクターっぽいの作ったりしてます。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah Bullet beta

tgさんが開発中のCheetahBulletというスクリプトのbeta版を触らせてもらってます。
Bulletというのはオープンソースの物理演算エンジンだそうで、これをCheetah3Dのスクリプトとして利用する、みたいな?
詳しい理屈は自分にはさっぱりなんですが、とにかくCheetah3Dで物理演算できるようになります。
まだ細かいパラメータがよく理解できていないので、自分のレンダリング結果などは紹介できませんが「ボールを床に落とす」ぐらいだったらかなり簡単にできます。

以下はtgさんのデモ動画。




これは同じく試用しているひーちーさんの動画


すごいなー。
なんつったって1万円ちょいのソフトでこんなことが出来てしまうのがすごい。
今後が楽しみだー。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ima

Author:ima
http://www.imatake.com/
http://www.behance.net/imatake

twitter
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。