スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジャンプ」

jump
スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3D 5.6 リリース!

Cheetah3D v5.6がリリースされました。
tgさんがザッと訳してくれたリリースノート
最も基本的なツールである移動変形ツールの扱いがだいぶ変わりました。
あと気になったのは、

「カメラの初期 FOV が 60 から 40 に変更されました」
コレ、凄く前からというか使い始めた頃からずっと気になってたんだけどやっと改善されました。画角がキツイとモデリングの際に形が把握しづらいから、起動後すぐにshift+マウスホイールでFOVを30くらいにするのが常だったんだけど、これでとりあえず何もしなくても自然な見えになった。パースビューも同じくFOV40のようです。

「オブジェクトモードで、オブジェクトを選択した場合、オレンジのワイアーフレームで描画されるようになり ました」
プリミティブオブジェクトをポリゴン化する前にワイヤー表示されるようになったので凄くわかりやすくなった。

「ジョイントの回転軸をジョイントの軸に沿って再設定するツール「ジョイント向き調整」ツールが追加されま した」
自分ではうまく説明できないけど(バカなので)、使ってみてわかる便利さ。

また着実に進歩してるという感じかなと。
RIG関係については何もなかったけど、今回は見送られたのかな。

P.S. 尚、 99ドルの Cheetah3D 特別オファーは、2010 年 11 月 19 日で終了します。
だそうです。急げ!
c3d56

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

3D Coat AppLink for Cheetah3D !!

heecheeさんに教えてもらった驚異のCheetah3D用スクリプト
3D Coat AppLink for Cheetah3D
を使ってみる。
Cheetah3Dから3D Coatにエクスポートしてボクセルスカルプトとかリトポとか色々できそうなんだけど、とりあえず今回はペイントを試してみる。
c3d23dc01
用意したのは既に作ってあった男の顔。Face/Eyes/Hairの3つのオブジェクトで構成されていて、UV設定済み。このままで3D Coat AppLinkを呼び出し、Paint Mesh: per-pixelのExportをクリック。
c3d23dc02b
3D Coatを起動するとちゃんと3つのオブジェクトがそのまま読み込まれる。オブジェクトごとにペイントのレイヤーを割り当てて、それぞれ塗り分けてみた。3D Coatはまだ全然慣れていないんだけど何とかペイント。(カラーパレットを常に表示するようにはできないのかな?)
違いが分かりやすいように髪の毛を変な感じにしてみた。
適当に塗ったところで「ファイル/オブジェクトを送り返す」で書き出し。
c3d23dc03
Cheetah3Dに戻って3D Coat AppLinkのImportをクリック。Face/Eyes/Hairの3つのオブジェクトが読み込まれて、「テクスチャはExchangeフォルダにあるよ」というダイアログが出るので読み込んでみると、これまたちゃんと3枚のテクスチャが読み込まれた…。
c3d23dc04
コレはすごい!!なんというお手軽さ!
もっと3D Coat使って慣れた方がいいかも。
あービックリした。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ima

Author:ima
http://www.imatake.com/
http://www.behance.net/imatake

twitter
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。