スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cheetah3D 5.0 で地形マテリアル

フォーラムの書き込みを参考に、見様見まねで地形マテリアルを作ってみた。
ポリゴン平面を分割してマグネットとかシワ加工で適当に山を作って、カメラにフォグ設定、照明はスカイライト。
「ベクトル→フロート」とか「タンジェント」とか難しい事が分からなくても、ちゃちゃっと30分程度でこれくらいはできてしまう。おもしれー。
terra01
スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3D 5.0 新マテリアルシステム

tgさんが、新しくなったマテリアルリストをわかりやすく見せてくれてます。
Membrane って「膜」って意味だったのかー。

Material System 01

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3D 5.0 個人的インプレッション

まず初めに目につくのはやっぱり新しくなったアイコン。これは好みが分かれそう。
個人的には以前の肉球アイコンが好きなんだけど。Newアイコンは平面的に見えてしまうのが残念な気がする。3Dアプリなのに。
まあアイコンはユーザー側で入れ替えることが出来るからいいか…。

機能としてはノードエディタによるマテリアルシステムの搭載が目玉でしょう。
でもコレを使いこなすのは難しいような気がする(もともと今までの機能も使いこなしてなんかいないけど)。「コレをこうするとこうなる」っていうのがパッと見では理解しにくいので、実際色々やってみないと。

で、個人的に1番期待・注目していたトゥーンシェーダー。これはデフォルトの状態(プリセットのToon,Toon2)だと塗りの表現がパキッと色分けされた(Photoshopのポスタリゼーションフィルタのような)いかにも西洋風のトゥーンでアウトラインの表現はなし。Toon3はいい感じのアウトラインが出来るんだけど塗りがイマイチ…。
「あ~やっぱり最初に搭載されたトゥーンに多くを求めるのは酷なのか」とテンションが下がっていたところ、KOSUKEさんから
「トゥーンのプロパティにある、グラデーションの帯を右クリックすべし!」
と教えられたのでやってみたらアラ不思議!
出てきたコンテクストメニューの「段数」を「リニア」に変更することで、パキパキのポスタリゼーションがなだらかなグラデーションに。テンションもアゲアゲに。(ちなみにこのグラデにはダブルクリックすることで色を足せるし、色の種類も無彩色だけでなく赤や青なども使える。)(ちなみに「段数」「リニア」意外の項目はよく分かりません…。)
このなだらかな塗りの表現とToon3のアウトライン表現を一緒にして、その上テクスチャも重ねられないかと色々ノードエディタをいじってみて出来たシェーダーを使ってレンダリングしたのが3つ前のエントリ画像。
5b04

これ、現在好きで使わせてもらっているCarrara用のトゥーンシェーダープラグインYAToonに近づいたような気がするんだけどどーでしょう。
今の段階で結構気に入ってるけど、もっと色々やれるかも知れない。これはあーだこーだやってたら偶然できた感じなんで。

5.0のノードエディタ並びにトゥーンシェーダー、まだ理解できてない部分が多いですが
この1点をもって、オススメです!!
5b05

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3D 5.0 リリースノート

tgさんが日本語フォーラムにて訳してくれました。

Cheetah3D 5.0 リリースノート

Cheetah3D 5.0 リリース!

やっと5.0がリリースされました。

http://www.cheetah3d.com/download.php

スクリーンショット

Cheetah3D 5.0 Beta9

最終?のベータ版を触らせてもらってます。
正式リリースは近日中か。
5b04
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ima

Author:ima
http://www.imatake.com/
http://www.behance.net/imatake

twitter
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。