スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラクターセッティングについて

人物にジョイントを仕込む場合、やはり難しいのは肩や股関節のセッティングの仕方だと思うんだけど、Poser等のフィギュアを見ているとこの辺がなかなかよくできている。
そこでこれを参考にして、Cheetah3Dにて改めてジョイントの組み方を研究しているところ。
腕・脚それぞれの根元に肩・尻の部分に対応するジョイントを仕込んで、そのヴァーテックスウェイトをうまく設定できれば、両手をまっすぐ上に延ばしたり、脚をまっすぐ前に突き出したりするポーズを取っても何とか見れそう。モーフによる修正なしでも。

それからIKについて
今まで2Dソルバーと3Dソルバーをどう使い分けたらいいのかがよく分からなかった。
腕の先のターゲットを動かして腕をIKで動かす場合は、2Dソルバーにして「ポール」で肘関節の向きをコントロールしたほうが使いやすいみたいだ。3Dソルバーだと各関節にコンストレインを設定できるんだけども、肘の向きが予測できないんだな。脇を締めたいのに開いてしまうとか。

とりあえず変身のポーズを作ってみた。
Screenflickというスクリーンキャプチャソフトをお試し中なので、画面真ん中に透かしが入ってます。


スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

「選択」というチョ~基本的ツールについて

tgさんが作るCheetah3Dのチュートリアルムービーを見ていて、「何でこんなにポリゴンをスムースに選択できているんだろ?」と思っていたんですが…。
今まで自分は、基本的に移動変形ツールの状態にしていて(Hot Keysでスペースキーがあらかじめ割り当てられていて使いやすいから)、そのままポリゴンなりエッジなりを選択していた。これでも選択そのものはできるんだけど、マニピュレータに重なったポイントとかが選択しにくかったり、「⌘+クリック」で選択解除できるはずが何故かできなかったりで、「イマイチ使いにくいけどこんなものかな~」と思いながら使ってた。
ところがところが!一回も使ったことなかったけどCheetah3Dには「選択」というツールがちゃんとあったのだ!!(しかもものすごく目立つ場所に)
select

この選択ツールを使うと、オブジェクトのドラッグしてなぞった部分が選択され、⌘+クリックでキレイに選択解除される。移動変形ツールのまま選択するよりもかなり使いやすく、気持ちイイ。知らなかった~。これが本来あるべき姿なんですな~。
早速環境設定でHot Keysを割り当てました。
「これで作業がかなりしやすくなる。やったぜ!」と思う反面、こんなに基本中の基本的なことがわかってなかった自分に対してものすごくガッカリしてます…。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ima

Author:ima
http://www.imatake.com/
http://www.behance.net/imatake

twitter
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。