スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりと言うか何と言うか

購入してしまいました…Hexagon2。
テクスチャペイントやディスプレイスメントマップが作れるモデラー。
そして低価格とくれば触りたくなるのもしょうがない。

とりあえずCheetah3DのデータをOBJで書き出してHexagon2で読み込んでみた。
何故かUVが上下反転してたので、テクスチャを上下反転させて適用した。
まだ良くわからないことだらけだけど、また遊びながらいじってみよう。
hex01

スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

おばちゃんモデリング2

チーターの被り物少女はCheetah3D Contestに投稿してしまった。
結果がどう出るかはお楽しみ。

今は再びおばちゃんをモデリング中。
Cheetah3Dで基本的なモデリング&UV設定をして、LightWaveでボーンを組み込んでポーズ付けてみようかと考えているところ。
oba02

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3Dで作ろう12

正面と左右斜め前からArealight、バックライトにDistantlight、真上からPointlightを当ててみた。
RadiosityとかHDRIは扱いがまだよくわからないので今回はパス。
やっぱりライティングってむずかしい。
でもまあ適当なところでレンダリングして、次行ってみよう!
cheecon12


しかし今回、作業の全てをCheetah3Dでやってみたけども(他にはテクスチャ制作にPhotoshopとPainterのみ使用)一連の作業を一つのソフトでやれるというのはとても楽だ。作業ごとに他の3Dソフトを行ったり来たりするのは、無駄にファイルも増えるしスマートではない。
やっぱりこうあるべきなんだなーと思った次第。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3Dで作ろう11

手首のバンドをなんだかモコモコした質感にしてみようと思って、Photoshopのプリセットテクスチャから画像を持ってきてDisplacementとして適用してみた。
これでテクスチャ・質感設定はほぼ終了。
そろそろライティングに行ってみよう!
cheecon11

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3Dで作ろう10

引き続きDisplacement。
皺テクスチャを描き直してみた。
自分はひょっとして皺フェチなんだろうかと思いつつ…
いやしかし、神は細部に宿るのだ。

少しマシになったような気がする。
cheecon10

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3Dで作ろう9

今回一番やってみたかったこと。
スーツのシワを、DisplacementMapをPaintして適用してみる。

まずオブジェクトをUV展開してMaterialでTextureを設定。白で塗りつぶす。
関節の曲がった部分など、シワが寄って盛り上がっていそうなところを黒でPaint。
UVのSeemにまたがるところはUV edit画面上でペイント。必要ならポイントを修正する。
cheecon09a


TextureをPhotoshopで読み込んでキレイに修正。Cheetah3DのDisplacementは白い部分が盛り上がるので、Photoshopで階調の反転をしておいてJPGかTIFFで書き出す。
Cheetah3DでオブジェクトにDisplacementを追加してTextureを指定、Subdivisionのiterations(細かさ?)の値を4くらいに上げ、offsetの値(盛り上がり具合)を3Dviewで確認しながら設定する。
cheecon09b


テストレンダリング。
cheecon09c


少しはシワっぽく見えるかな。
直接DisplacementにTextureを指定してPaintすることもできるけど、動作がとてものろくなるのでこの方法がやり易いかなと。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3Dで作ろう8

大して進んでないけどほぼ毎日更新。

被り物をペイント中。
作業中のオブジェクト以外のオブジェクトを非表示にしたりすることで、ペイント作業はかなり快適にできることがわかった。
3D view上で直接塗ったりUV editor上で塗ったり、何となく「うまく塗れないなー」と思ったときはUV editor上でPaintからTransformに切り替えてポイントを調整したり。BrushのShapeを選べばかなり手描き風のテクスチャができる。
これは楽しい。
その気になればPhotoshopを使わなくてもこれだけで仕上げられそうな気もする。
cheecon08

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3Dで作ろう7

顔のテクスチャをペイント中。
Symmetryが生きたままUV展開しても問題なさそう。
ペンタブレットでPaintすると筆圧を感知しているのがわかる。
カラーパレットは表示したままにしておくのが便利。
でもさすがにスラスラとはいかないのでCheetah上では下書き程度にして、Photoshopで仕上げることにする。
cheecon07

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3Dで作ろう6

口の中とまつ毛を作ってひとまずモデリング作業は終了。
テクスチャをPhotoshopで作って眼球とまつ毛に貼ってみた。
cheecon06

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3Dで作ろう5

モデリング作業もだいぶ進んできた。
ガニ股だったのを内股に変更。
後は口の中を少し作ってからテクスチャの制作に移ろう。
cheecon05


AppleのBootCamp、やっぱりすごく気になる。欲しい気もする。
でもIntelMac本体は売れるだろうけど、Mac用ソフトを開発するメーカーがなくなっていく…という危惧はないのでしょうか?

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3Dで作ろう4

被り物と髪の毛をモデリングしてテストレンダリング。
まあまあいい感じかな?
cheecon04

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3Dで作ろう3

左右対称でひとまず全身作ってみた。
cheecon03


気が付いたことの覚え書き。
MagnetっていうToolは何だろうと思ってたんだけど、どうやらソフト選択みたいなもの?みたいだ。radiusで数値を入力して画面をドラッグすると、磁石のように周りのポリゴンも移動する。移動の方向はscreenとnormalを選ぶ。影響範囲が見た目でわかったり、XYZのマニピュレータも使えるともっといいような気がする。
それから一部のポリゴンを消去するとき、Polygon modeかEdge modeでdeleteすると何故かPointが残ってしまうので、消去したいときはPoint modeで。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3Dで作ろう2

あんまり進んでないけど。

Materialについて発見したことが一つ。
デフォルトの状態でのオブジェクトはテカテカのツヤあり。
Specularにはintensityの項目がないので、反射率を下げるにはどうしたらいいんだろうと思っていた。そこで試しにcolorで暗めの色を選択したところツヤがなくなった(デフォルトでは白)。よしよし。
cheecon02

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetah3Dで作ろう

Cheetah3Dで公式コンテストの開催が告知されている。
ここは一発応募することを目標に何か作ってみよう!
(「おばちゃん」も作りたいんだけど、これは一部六角大王も使っているので)
そこでとりあえず個人的に掲げたテーマは
・表情豊かなキャラクター(人物)を作る
・CheetahでDisplecementMapを作ってみる
・Cheetahでちゃんとレンダリングしてみる

ひとまず以前作った顔を弄ってみてるところ。
cheecon01


Cheetah3Dについて詳しく知りたい方は是非、tgさんのブログを覗いてみてください。
わかりやすいチュートリアルムービーが見れます。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ima

Author:ima
http://www.imatake.com/
http://www.behance.net/imatake

twitter
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。