スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機モデリング中

先のキャラクターと組み合わせる飛行機もCheetah3Dモデリング中。
人物以外のものを作るのは初めてのような気がするけど、これはこれですごく楽しい。まるでプラモデル感覚。

そうか、自分の中では3DCG=プラモデルなのだ。
自分が何故3Dにハマったのかよくわかった。
子供のころはプラモばっかり作ってたし。ハセガワ1/72シリーズやらウォーターラインシリーズやら。
でも3DCGの凄いところは自分のオリジナルが作れてしまうところか。
それに部屋がシンナー臭くならない(←コレ大事)。

画像は3Dではなく数年前に作ったプラモデル、
「GeeBee-R1 RACER」Whilliams Bros製 1/32。
我ながらなかなかの出来。
モデリング中の飛行機の元のイメージとして観察中。

GeeBee

スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Cheetahでモデリング

六角大王Super5以降初の3Dお仕事が動き出した。

なのでとりえず手探り状態ながらCheetah3Dでモデリング中。
point slideというポリゴンのエッジに沿ってポイントを移動できる機能が便利。
しかしperspective画面での画角が広すぎて(パースがキツくて)全体の形を把握するのがちょっと難しいような気がする。

job01

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

CARRARA5!

Macで体験版をいじっていたんだけど、サビデビやらディスプレイスメントを使っていると表示が極端に遅くなり「コレ面白そうだけどとても実用には耐えられないなー。」と思ってた。
でもそこでハタと気が付いた。「CARRARAってハイブリッド版じゃん?こっちには昨年『六角S5パッケージ採用記念』で購入したWindowsPCがあるじゃん(ほとんど使ってないけど)。」
さっそくWin版をDLして使ってみるとアラ快適!さすがPentiumD!というか我がPowerMacG4の非力さを見せつけられて愕然。かなりお金かけてスペックアップしてんのに…。悲しい。
ということでeoviaにてダウンロード版を購入。乗り換えキャンペーンだか何だかで$199で買えた。日本語版の存在するCARRARA4をすっ飛ばして英語版の5。
CARRARAはバージョン5からZBrushとの連携も謳っていて、ZBrushの吐き出す16bitTIFFのDisplacementMap画像がそのまま使える(上下反転のみ必要)。
まだわからないことだらけだけど、かなり遊べそうだ。
carrara5

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

アキバ系男子Cheetah編

今度はCheetah3Dで実験。

とりあえずわかったこととわからないこと。
・OBJ形式のデータを読み込む時はmtlファイルがないと正しく読み込めない。
・読み込めるテクスチャ画像は8bitTIFF,JPG
・DisplacementMapはPOSER,C4Dと同じくPositiveとNegativeに分けて適用する。
・DisplacementMapはプレビュー画面上で確認できる!
・透明マップはオブジェクトに対しては効くけど背景に対しては効かない?謎。

いくつものオブジェクトにサブデビやディスプレイスメントをかけるとさすがに動作が鈍くなるけど、ディスプレイスメントはPOSERよりもキレイな気がする。
高品質なレンダリングもできるみたいだし、この格安アプリケーションは侮れないかも。
ota_ch

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

アキバ系男子CINEMA4D編

CINEMA4D体験版をいじり中。
LWO形式がそのまま開けるので、アキバ系男子を取り込んでみた。インターフェイスが取っつきやすくていい感じ。完全に日本語版だし。
DisplacementMapの設定の仕方もわかった。Poserと同じように、PositiveとNegativeに分けてマップを書き出して適用するようだ。結果はレンダリングしないとわからないけど。
でもLightWaveより全然扱いやすいような気がする。雑に操作しても落ちる感じがしないし。
あとは質感設定がどれだけ詰められるのかがまだよくわからない。

今月いっぱい、乗り換えキャンペーンで少し安く購入できるみたいだ。欲しいけど…う~む。
ota_c4d

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

LightWaveでマテリアル2

なるほどねー。
テクスチャにレイヤーをプロシージャルのタービュランスで追加したり拡散レベルや半透明度にグラディエントのインシデンスアングルで追加したりしてみたらこうなった。

↑ちょっとくらい用語の使い方が間違ってても普通の人にはわかるまい。自分でも半分もわかってないけど…。
もっと簡単にできりゃいいのに。
疲れた。
LW練習02

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

LightWaveでマテリアル

遅々としたオノレの進歩の中で一つだけはっきり言えること。
「ワザを覚えるにはしつこくやる。」

という訳でまだLightWaveをいじってる。
以前買ってたけどロクに読んでいなかったLWの教則本に、質感設定のやり方が色々載っていたのを発見。「グラディエント」とか「プロシージャル」とか。一体何のことだ??って感じだけど。

ギャルをレイアウトに読み込んでDisplacementMapを設定、とりあえずライティングだけで自然な感じになるようにしてみた。
これから肌・シャツ等の質感を詰めてみる。

でもやっぱりLWのインターフェイスは理屈っぽくて好きになれないなー。
LW練習01

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

アキバ系男子LightWave編

ついでなので髪の毛等も組み合わせて質感設定してレンダリングしてみた。
肌の質感とかを表現するには、高価なプラグインを買わないといけないのかな。何万も出して、また覚えるのに四苦八苦して、で結局使えなかったりして…。
そういう事を考えると、簡単に複雑な質感を設定できてレンダリングもお手軽なPoserはやっぱり捨てがたいなあ。
LWよく落ちるし。
ota_lw

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

DisplacementMapの練習

年賀状用に作ったモデルのDisplacementMapがイマイチ納得いかなかったので別のデータで練習。
以前作ったアキバ系男子をLightWaveでDisplacementMapを適用してレンダリングしてみた。LightWaveでは16bit画像が使えるみたいなので。でもMac版ではTIFF画像が読み込めないらしいのでPhotoshop形式にして読み込んでみた。
結果、やっぱりキレイかも。それにプレビュー画面でDisplacementの強度を確認出来るのがよい(Poserではレンダリングしないとわからない)。てゆーかこれが本来のDisplacementMapのあり方なのかな?
さすが、無駄に高いアプリケーションではないってことかな。ポリゴンの整理にだけ使ってたらもったいないかも。
ディスプレイスメント練習1

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

年賀状3D

明けましておめでとうございます。
こんなブログでも少しは見ていただいている人がいるようで。
今年はもう少し進歩しますように。
年賀06

年賀状の画像は、ディスプレイスメントマップがあんまりキレイに出なかった。やっぱりPoserで8bitのポジティブとネガティブマップを適用するっていうのは限界があるのかな?

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

カレンダー
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ima

Author:ima
http://www.imatake.com/
http://www.behance.net/imatake

twitter
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。