スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びおっさん作るぜ5

顔のUVmap作成。
Cheetah3DとHexagon2.2、Silo2.0で簡単にseamを指定して開いて比べてみたけど、Hexagonが1番キレイに開けるような感じ。
特に調整しなくても目・口の奥や鼻の穴の中、耳の入り組んだポリゴンが自然な形でUV展開できる(ポリゴンの重なりがほとんどない)。その上Relax UVっていう機能もいい。早いところIntel Macに対応してくれないかな…。
SiloのLive UV Unwrapingっていうのはすごく面白いけど、思うような形にするのは難しいかな?まだよくわからないけど。

個人的にはHexagonで開いてCheetahで微調整するのがいいかも。
しかし3つのソフト共にPinの打ち方がイマイチよくわからないな~。
ossan09

スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

おっさん作るぜ4

進めてはいるんですが…やっと顔ができてきた。ポリゴンをチマチマいじくってるのが時間のかかる原因なんだけど。
しかし3Dの表現においてモデリングは一番大事だと自分は思っているし、ましてやキャラクターとなれば顔はやっぱり手を抜けない。
もっと効率のいい方法を覚えなきゃいけないな。
ossan04

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

おっさん作るぜ3

全然進んでないんですが…、というか一から作り直してます。
今まではだいたい勢いで作り始めちゃっていたんだけど、今回は改めて正面と側面のスケッチを描いてそれを元にモデリングしてみる。ポリゴンの流れも少し意識したりして。やっぱりこういうことって必要かも。
ossan03

働くおっさん劇場、昨日もスゴかったな~。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

おっさん作るぜ

という訳でおっさん作り始めてたりして…。
「浅見さん」に似るかどうかはわからないけど、あの辺の強烈なキャラクターをどれぐらい表現できるかがテーマ。
MacBookPro+Rosetta+Hexagonでモデリング中。今のところ普通に使えてる。
ossan01

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

どーなのよHexagon

単純なモデリング作業はやはりHexagonが使いやすい感じなので、以前六角大王で作ってあった手のモデルを修正中。
しかし六角大王からOBJでエクスポートしてもMac版のHexagonではインポートエラーで読み込めなかった。またしてもちょっと残念。
しかしHexagonのいい所はハイブリット版であるということ。問題が起きてもWin版を起動すれば何とかなる。
ちなみにMacBook+RosettaでHexagonを起動したら「Open GLがnot supportで」とか何とかで警告出まくってほとんど使い物になりません…。
hand01

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Hexagonの勉強4

Hexagonでペイントしてみたけども変な挙動が頻発してしまった。
StrokesがDotsからFreeHandに戻らなくなったり、Transparencyをいじるとおかしくなったり、反応しなくなったり色々。
動作そのものはCheetah3Dよりも軽い感じなだけに残念…。
問題はMac版のみなのかと思ってMacBookでもやってみたけども(BootCampでWin版起動)、ペイントされたテクスチャがまともに表示されなかった。画面をRotateさせるたびにテクスチャが真っ白になってしまったり、オブジェクトが見えなくなってしまったり。でもこれはMacBookが独立したGPUを持たないということが原因なのかも。わからないけど。

やっぱりペイントに関してはBodyPaint3Dに勝るものはないってことなんでしょうか。

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Hexagonの勉強3

UnfoldツールでUV展開。
切れ目のエッジを指定して開くのはCheetah3Dと同じ。対称軸のポイントにピンを打って左右対称に開けるのは便利。でもそのポイントの選び方にコツがあるみたいだけど、やっていくうちに何となくできた。
hexa03

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Hexagonの勉強2

先日作った顔は形が気に入らないので却下。
プリミティブから作り出すっていうのは性に合っていないのかも。
で結局は以前六角大王で作った男の子を読み込んじゃったけど、
ちょっとずつHexagonには馴れてきた。
hexa02

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

Hexagonの勉強

Mac版でHexagon2.1の基礎を勉強中。
何といってもマニピュレータが使いやすいので、さくさくモデリングできる。
今回は初めてプリミティブ(立方体)からポリゴンを分割して作り始めてみた。
色々問題があるらしいMac版だけど、今のところ変な挙動はナシ。ただ一つ、何故か新規保存する時に拡張子が付いてくれないけど手動で書き加えれば大丈夫。
ある程度作り込んだらUV展開して、テクスチャペイントしてみるつもり。
hexa01

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

MacBookでHexagon

また変な顔作っちゃってますけど。
しかし自分的には、人物の顔がどれくらい作りやすいかがそのソフトにハマれるかどうかの境目のような気がするので。
Hexagon(Win)はけっこういい感じ。機能としてはまだTargetWeldとかSymmetryくらいしか使えてないけど。
マニピュレータはCheetah3Dのものよりも使いやすいかな。
mb06

もう一つ2Dネタを少々。
MacOSXが10.4.8にアップデートし、それに伴いRosettaがパワーアップしたらしいのでMacBookにPhotoshopCSとPainter9.5をインストールして少しだけ使ってみた。
Photoshopのフィルタギャラリー使っているとモタつく感じだけど、それ以外は何だかフツーに使えてるような?
正直、思っていたよりも全然速い。自分の普段の使い方ではフィルタをガシガシかけまくるとかしないし。
あくまで比較対象はG4改での体感だけど、MacBookでコレくらい行けるのなら、iMacやMacProだったらもう不足は感じないのかも?

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ima

Author:ima
http://www.imatake.com/
http://www.behance.net/imatake

twitter
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。