スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Poserでオリジナルフィギュア

Cheetah3D5.0がなかなかリリースされないので、何だか手持ち無沙汰になっちまってるんですが。久しぶりにLightWaveを触って再び挫折してみたり…。
今はPoserでオリジナルモデルをフィギュア化できるかお試し中です。
Poserにインポートする際に、Poserの仕組みにならってパーツを分割しなくてはならないのが結構大変。でも簡単に歩かせることができたりしてこれはこれで楽しい。
しかし改めて思うけど、Poserって3Dソフトとしてはかなり独特だなーと。

スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

ギャルの制作8

マテリアルをいじっているとワケわかんなくなって終わりがなくなりそうなので、適当な所で切り上げる。
ライティングには、レンダリングの時間がかかるのでIBLを使わなかった。けどまあまあ自然な感じになったので由とする。
POSERは操作しやすいけど奥が深そう。まだまだ勉強不足。

次行ってみよう!

catdh08

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

ギャルの制作6

Poserに持ち込んでディスプレイスメントやら何やらを設定。
試しにPOSER Figure Stidioという本に添って、肌とシャツのマテリアルをいじってみる。
左は普通に拡散色/鏡面色にイメージマップを設定したもの。鏡面値を抑えただけ。
右は代替拡散/代替鏡面にそれぞれ「皮膚」「ベルベット」を設定してみた。
ライトの設定は同じ。
柔らかい質感が表現できる。まだ全然思い通りには設定できないけど面白い…。
catch06

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

アキバ系男子5

akiba06

POSERに持ち込んでレンダリングしてひとまず完成。ライティングにIBLとかいうヤツを使ってみた。今回はディスプレイスメントの値は特にいじらず。バンプにもディスプレイスメントマップを適用してみたら少し強調されていい感じになった。
マテリアル全体を詰めたらもっと良くなるのかな?

六角大王・ZBrushで基礎のモデリング→LightWaveでポリゴンの整理→ZBrushで細部の作り込み→POSERでレンダリング
…というのがおおまかな作業の流れ。とてもスムースに行った訳じゃないけど、一応これがワークフローってヤツか??LightWaveの使い方がもったいないけど。一番高いソフトなのに…とりあえず何とか形になったということで由としよう。

作り始めてから約三週間。次はもっと時間の短縮に挑戦するぞっと。

カツラが飛んじゃった2

katsura2

カツラが飛んじゃったオジサンをPOSERでレンダリング。
ZBrushの解説書に添ってやってみた例。
ディスプレイスメントマップをプラス側とマイナス側に分けて書き出す。
しかしそれをそのままPOSERで設定してレンダリングしても何にも反映されなかった。
出力したマップをPhotoshopで開いてみたら真っ黒。でもレベル補正をかけてみたらちゃんと模様が浮き出てきたので出力は問題なくされている?
POSERのディスプレイスメントマップの設定で
数値演算引数の値_1を+3、値_2を-3くらいにしたら何だかうまくいった。

ポリゴングループごとに質感設定もできるし
お手軽にレンダリングできていい感じ。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

ima

Author:ima
http://www.imatake.com/
http://www.behance.net/imatake

twitter
フリーエリア
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。